メモリとは?CPUとは?

 メモリとはコンピュータ内でデータやプログラムを一時的に記憶する装置のことです。 メモリは広義には外部記憶装置も含むが、一般にはRAMやROMなどの半導体記憶装置を意味します。 RAMを利用したCPUの作業領域はメインメモリと呼ばれ、コンピュータの脳みそとも言われています。 一般的にメモリはRAMなどの半導体記憶装置を指し、高速だが一時的な記憶装置をいいます。 ストレージは光ディスク、ハードディスクなどの磁気記憶装置を指します。 ストレージはメモリより低速だが恒久的な性質を持った記憶装置を指します。 メモリは一次記憶装置、ストレージは二次記憶装置と対応しています。
 最近のパソコンソフトには高機能だが、一時的に記憶の情報が多いため、メモリが不足します。 警戒に安定してソフトを動かすためにはメモリを増設して容量を増やす必要があります。 CPUとはパソコン上で取り扱われるデータの計算処理をしている装置です。 CPUはクロック数と呼ばれる回転数の数値が存在し、それがCPUの性能を左右する要素の一つとなります。 二次キャッシュ、三次キャッシュ、分散処理などの要素もCPUの性能を決める重要な要素であります。 CPUは現在、世界的に、intelとAMDが大きくシェアを取っています。