HDDが壊れたら?

 HDDの修復の前に、まずはHDDの壊れやすさの認識が必要でしょう。 HDDは消耗品であり、使用し続ければ必ずいつか故障します。 壊れ方を知っておけば丈夫で長持ちします。 HDDはバックアップを取っておくことが非常に重要です。 バックアップの方法としては現在様々なメディアがあります。 一つは外付けのHDDを持っている場合はバックアップを取り、傷めないように保存しておくのが方法です。 一つはCD-R、CD-RWに書き込める専用のドライブを持っていれば書き込んでおくと安心です。 もしHDDが壊れてしまった場合は基本的には元通りにデータ修復をするというのはとても難しいものです。
 HDD修復方法は修復用ソフトを購入、ダウンロードするか、HDD修復業者に修理を依頼するかの二点です。 ソフトを使用して修復する場合は自分に豊富な知識が必要ですし、慎重に扱うことが求められます。 ソフトを使用して修復するときはダウンロードしても、自己責任となっていますので注意をしてください。 ソフトを使用する場合は磁気的な異常の場合のみで、物理的な損傷は業者に依頼することが必須です。 業者に依頼するときは必ず他の会社も比較して、費用や日数、認知度を比べてみましょう。